わびさびサンプルソース

WindowsやHTML5などのプログラムのサンプルコードやフリーソフトを提供します。

デバイスコンテキストの色ビット数を取得する

デバイスコンテキスト(HDC)が対応する色ビット数は、 GetDeviceCaps()関数の第2引数にPLANESを渡す事で取得できます。

#include <stdio.h>
#include <tchar.h>
#include <iostream>
#include <windows.h>



/*
	デバイスコンテキストの色ビット数を取得する
*/
int _tmain
(
	  int argc
	, _TCHAR* argv[]
)
{
	// 標準出力にユニコード出力する
	setlocale( LC_ALL, "Japanese" );

	// デバイスコンテキストの取得
	HDC hDC = ::GetDC( NULL );

	// デバイスコンテキストが対応する色数を取得する
	int iBitsInAPixel = ::GetDeviceCaps( hDC, PLANES ) * GetDeviceCaps( hDC, BITSPIXEL );

	// 色数を表示
	std::wcout << L"デバイスコンテキストの色ビット数 = " << iBitsInAPixel << std::endl;
}

実行結果

デバイスコンテキストの色ビット数 = 32




わびさびサンプルソース

WindowsやHTML5などのプログラムのサンプルコードやフリーソフトを提供します。