わびさびサンプルソース

WindowsやHTML5などのプログラムのサンプルコードやフリーソフトを提供します。

クリップボードからテキストを取得する

クリップボードからテキストを取得します。 IsClipboardFormatAvailable()関数で、データが存在するかを問い合わせて、 GetClipboardData()関数で取得します。サンプルプログラムでは、表示され たウインドウを左クリックする毎に、クリップボードの内容を取得して、標 準出力へ出力します。

#include <stdio.h>
#include <tchar.h>
#include <locale.h>
#include <windows.h>
#include <wingdi.h>



/*
	メインウインドウイベント処理
*/
LRESULT CALLBACK eMainWindowProc(
	  HWND   hwnd   // handle to window
	, UINT   uMsg   // message identifier
	, WPARAM wParam // first message parameter
	, LPARAM lParam // second message parameter
);



int _tmain
(
	  int argc
	, _TCHAR* argv[]
)
{
	// 標準出力にユニコードを表示できるようにする
	setlocale( LC_ALL, "Japanese" );

	WNDCLASSEX tWndClass;
	HINSTANCE  hInstance;
	TCHAR*     cpClassName;
	TCHAR*     cpWindowName;
	TCHAR*     cpMenu;
	HWND       hWnd;
	MSG        tMsg;


	// アプリケーションインスタンス
	hInstance    = ::GetModuleHandle( NULL );

	// クラス名称
	cpClassName  = _T("MainWindowClass");

	// メニュー
	cpMenu       = MAKEINTRESOURCE( NULL );

	// ウインドウ名称
	cpWindowName = _T("クリップボードからテキストを取得する");

	// ウインドウクラスパラメータセット
	tWndClass.cbSize        = sizeof( WNDCLASSEX );
	tWndClass.style         = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
	tWndClass.lpfnWndProc   = eMainWindowProc;
	tWndClass.cbClsExtra    = 0;	// ::GetClassLong で取得可能なメモリ
	tWndClass.cbWndExtra    = 0;	// ::GetWindowLong で取得可能なメモリ
	tWndClass.hInstance     = hInstance; 
	tWndClass.hIcon         = ::LoadIcon( NULL, IDI_APPLICATION );
	tWndClass.hCursor       = ::LoadCursor( NULL, IDC_ARROW );
	tWndClass.hbrBackground = (HBRUSH)( COLOR_WINDOW + 1 );
	tWndClass.lpszMenuName  = cpMenu;
	tWndClass.lpszClassName = cpClassName;
	tWndClass.hIconSm       = NULL;

	// ウインドウクラス生成
	if ( 0 == ::RegisterClassEx( &tWndClass ) ) {

		/* 失敗 */
		return( -1 );
	}

	// ウインドウを生成する
	hWnd = ::CreateWindowEx (
		  0                       // extended window style
		, tWndClass.lpszClassName // pointer to registered class name
		, cpWindowName            // pointer to window name
		, WS_OVERLAPPEDWINDOW     // window style
		, CW_USEDEFAULT           // horizontal position of window
		, CW_USEDEFAULT           // vertical position of window
		, 640                     // window width
		, 480                     // window height
		, NULL                    // handle to parent or owner window
		, NULL                    // handle to menu, or child-window identifier
		, hInstance               // handle to application instance
		, (VOID*)0x12345678       // pointer to window-creation data
	);


	/*
		メッセージループ
	*/
	while( 0 != ::GetMessage( &tMsg, NULL, 0, 0 ) ) {
		::TranslateMessage ( &tMsg );
		::DispatchMessage ( &tMsg );
	}

	// WM_QUITの終了コードを返却する
	return( tMsg.wParam );
}



/*
	メインウインドウイベント処理
*/
LRESULT CALLBACK eMainWindowProc
(
	  HWND   hWnd   // handle to window
	, UINT   uMsg   // message identifier
	, WPARAM wParam // first message parameter
	, LPARAM lParam // second message parameter
)
{
	switch( uMsg ) {
	case WM_CREATE:
	//--------------------------------------------
	// WM_CREATE
	//--------------------------------------------
		{
			CREATESTRUCT* tpCreateSt = (CREATESTRUCT*)lParam;

			// ウインドウを表示する
			::ShowWindow( hWnd, SW_SHOW );
		}
		break;


	case WM_LBUTTONDOWN:
	//--------------------------------------------
	// WM_LBUTTONDOWN
	//--------------------------------------------
		{
			// 指定した形式のデータがあるかを問い合わせる
			BOOL bRet = ::IsClipboardFormatAvailable( CF_UNICODETEXT );
			if ( 0 == bRet ) {
				wprintf( L"データがありません" );
				break;
			}

			// クリップボードのオープン
			bRet = ::OpenClipboard( hWnd );
			if ( 0 == bRet ) {
				wprintf( L"クリップボードのオープン失敗" );
				break;
			}

			// クリップボードデータの取得
			HGLOBAL hGlobal = (HGLOBAL)::GetClipboardData( CF_UNICODETEXT );
			if ( NULL == hGlobal ) {
				::CloseClipboard();
				return -2;
			}

			// ポインタの取得
			TCHAR* wpStr = (TCHAR*)::GlobalLock( hGlobal );
			if ( NULL != wpStr ) {
				wprintf( L"%s¥n", wpStr );
			}

			// メモリの解放
			::GlobalUnlock( hGlobal );

			// クリップボードのクローズ
			::CloseClipboard();
		}
		break;



	case WM_DESTROY:
	//--------------------------------------------
	// WM_DESTROY
	//--------------------------------------------
		{
			// 終了する( 引数はそのまま終了コードとなります )
			::PostQuitMessage( 0 );
		}
		break;
	}

	// デフォルト処理呼び出し
	return ::DefWindowProc( hWnd, uMsg, wParam, lParam );
}

実行結果

クリップボードの内容です。
クリップボードの内容です。
クリップボードの内容です。
クリップボードの内容です。





わびさびサンプルソース

WindowsやHTML5などのプログラムのサンプルコードやフリーソフトを提供します。