わびさびサンプルソース

WindowsやHTML5などのプログラムのサンプルコードやフリーソフトを提供します。

FILETIMEをSYSTEMTIMEにへ変換する

FILETIMEをSYSTEMTIMEにへ変換します。

#include <stdio.h>
#include <tchar.h>
#include <iostream>
#include <windows.h>



/*
	FILETIMEをSYSTEMTIMEにへ変換する
*/
int _tmain
(
	  int argc
	, _TCHAR* argv[]
)
{
	// 標準出力にユニコード出力する
	setlocale( LC_ALL, "Japanese" );

	// ファイルのオープン
	HANDLE hFile = ::CreateFile(
			  L"c:¥¥org¥¥test1.txt"
			, 0
			, 0
			, NULL
			, OPEN_EXISTING
			, FILE_ATTRIBUTE_NORMAL
			, NULL
		);

	// オープン確認
	if ( INVALID_HANDLE_VALUE != hFile ) {

		FILETIME tCreationTime;		// 作成日時

		// ファイルの作成日時を取得する。
		if ( 0== ::GetFileTime( hFile, &tCreationTime, NULL, NULL ) ) {
			std::wcout << L"取得失敗しました。" << std::endl;
		}
		else {

			SYSTEMTIME tSystemTime;

			// FILETIMEをSYSTEMTIMEに変換する
			::FileTimeToSystemTime( &tCreationTime, &tSystemTime );

			const static TCHAR* wpaWeekName[] = {
				L"日", L"月", L"火", L"水", L"木", L"金", L"土"
			};

			// 名称
			wprintf( L"変換結果¥n" );

			// SYSTEMTIME表示
			wprintf( L"¥t%04d/%02d/%02d(%s) %02d:%02d:%02d.%03d¥n"
					, tSystemTime.wYear
					, tSystemTime.wMonth
					, tSystemTime.wDay
					, wpaWeekName[ tSystemTime.wDayOfWeek ]
					, tSystemTime.wHour
					, tSystemTime.wMinute
					, tSystemTime.wSecond
					, tSystemTime.wMilliseconds
				);
		}

		// ファイルのクローズ
		::CloseHandle( hFile );
	}

	// 正常終了
	return( 0 );
}



実行結果

変換結果
    2013/01/24(木) 14:46:25.826




わびさびサンプルソース

WindowsやHTML5などのプログラムのサンプルコードやフリーソフトを提供します。