わびさびサンプルソース

WindowsやHTML5などのプログラムのサンプルコードやフリーソフトを提供します。

<select>タグの中の選択されている<option>タグを変更する

<option>タグを選択する

<select>タグで選択されている<option>タグは、'select'エレメントの'selectedIndex'にインデックス番号で格納されています。 この値を変更すると、選択している<option>タグを変更する事ができます。

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8"> 
<script type="text/javascript" language="javascript">
<!--
function OnChange( index )
{
	// selectエレメント取得
	var elmSelect = document.getElementById( "id_select" );

	// 選択されているoptionタグのインデックスを変更
	elmSelect.selectedIndex = index;

	// lengthを表示
	document.getElementById( "id_result" ).innerHTML = "selectedIndex = " + index + "<br/>";
}
// -->
</script>
</head>
<body onload="OnLoad()">
<h1>&lt;select&gt;タグの中の選択されている&lt;option&gt;タグを変更する</h1>
<select id="id_select" onchange="OnChange();">
<option>アイテム1</option>
<option>アイテム2</option>
<option>アイテム3</option>
<option>アイテム4</option>
<option>アイテム5</option>
</select>
<h2>操作</h2>
<input type="button" value="アイテム1を選択" onclick="OnChange( 0 );"><br/>
<input type="button" value="アイテム2を選択" onclick="OnChange( 1 );"><br/>
<input type="button" value="アイテム3を選択" onclick="OnChange( 2 );"><br/>
<input type="button" value="アイテム4を選択" onclick="OnChange( 3 );"><br/>
<input type="button" value="アイテム5を選択" onclick="OnChange( 4 );"><br/>
<h2>実行結果</h2>
<div id="id_result">
</div>
</body>
</html>

実行結果

selectedIndex = 4





わびさびサンプルソース

WindowsやHTML5などのプログラムのサンプルコードやフリーソフトを提供します。